小児矯正

歯列矯正にオススメの歯ブラシはありますか? 

 

こんにちは。

宮城県岩沼市の

いわぬま矯正歯科クリニック院長小森です。

 

今回は歯列矯正と歯みがきに関してです。

hamigaki_boy

矯正装置をつけてると歯みがきしにくい

マウスピースなど取り外し可能な装置は別として、ワイヤー矯正など24時間つけっぱなしの装置だと非常に歯がみがきにくくなります。

いつも通りの方法だけだと装置の真裏がみがけず、そこから虫歯であったり歯周病が発生してしまいます。

歯ならびはきれいになったけど、虫歯や歯周病だらけになってしまっては矯正をした意味がありません。

めんどうくさいとは思いますが、歯の健康を保つため、そして矯正治療の期間を長引かせないために、しっかり歯をみがく必要があります。

矯正装置がついている時の歯のみがき方

矯正をしていない場合は、以下の2種類の方法が基本です。

バス法

歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目に45°の角度にあてて、小刻みに横に動かす

スクラビング法

歯ブラシの毛先を、歯の外側は直角(90°)、歯の内側は45°にあてて小刻みに横に動かす

 

矯正装置がついている場合はスクラビング法だと、装置と歯の間など装置周辺がみがきにくくなるため、色々な角度から歯ブラシの毛先をあてる必要が出てきます。

そのため、歯をみがく時間は自然と長くなります。

矯正装置をつけているお子さんのみがき方

仕上げみがきが必要です。

矯正をしていないお子さんでも仕上げみがきが重要です。まして装置がついていれば、その重要性は大きくなります。

細かい針金の装置がついている場合は歯ブラシで引っかけてしまう事があるので、慎重にみがいて頂けるとありがたいです。

歯ブラシの種類

単に歯ブラシといってもいくつか種類があります。

成人用歯ブラシ

一般的な歯ブラシです。

形やかたさは何がいいですか?と質問される事があるのですが、人によって好みがあると思いますので

ただし、かた過ぎる物は何年も使っていると歯を削っていく場合がありますし、柔らかすぎるとしっかり磨けない事があります。

当院で用意しているのは以下の商品です。

小児用歯ブラシ

小学生などは、毛先が大人の方が使う歯ブラシよりもう少し小さいものが良いです。

当院で扱っているのは以下の商品です。

 

ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシとは、山がひとつだけの小さな歯ブラシです。
歯の間など、一般的な歯ブラシではみがきにくい細かい部分をきれいにするのに便利です。
お子さんの仕上げみがきに使うのにも良いです。

 

歯間ブラシ

歯間ブラシとは、歯と歯の根元の間をみがく小さい歯ブラシです。

若い方ですと歯ぐきが下がっていないので使用は難しいですが、中高年の方ですと歯ぐきの状態によっては使用する事も良いかと思います。

当院では特にご用意はしていません。

デンタルフロス

いわゆる糸ようじです。歯の間をきれいにするには最適です。

ですが、ワイヤー矯正などでは少々使いにくいため、ワンタフトブラシなど他のもので対応する必要があります。

 

歯列矯正での歯みがき粉

歯みがき粉は何が良いですか?とご質問をいただく事があります。

基本的には何でも構いません。最近の歯みがき粉はフッ素が配合されているなど、一定の要件を満たしているので何を使っても良いと思います。

研磨剤の有無も本当は考える必要はあるのでしょうが、そこまで気にされなくても良いです。

まとめ

歯の矯正をしていると歯がみがきにくいです。それは事実です。

ですが、慣れてしまえばそこまで苦になりません。

歯科医院には歯科医師だけではなく、口腔衛生のプロフェッショナルである歯科衛生士がいます。歯のみがき方が分からない場合はお尋ね頂ければ、丁寧に教えていただけると思います。

 

医療法人KOM いわぬま矯正歯科クリニック

宮城県岩沼市たけくま1-11-1
理事長兼院長 日本矯正歯科学会認定医 小森 亮

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA