出っ歯

子どもの出っ歯は矯正歯科でどうやって治しますか?

こんにちは。

宮城県岩沼市の

いわぬま矯正歯科クリニック院長小森です。

 

今日は「子どもの出っ歯の治療法」です。

出っ歯とは何か?

通常「出っ歯」と言われる症状の多くは、専門用語で「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」と呼ばれるものです。
簡単に言うと、上の歯が下の歯に比べて前に出すぎている状態です。
animal_beaver

色々な出っ歯の種類

 

骨格性上顎前突

上下の顎の骨のバランスが悪いことが原因のもの。以下の2種類のパターンがあります。

①上のあごの骨が大きく、下のあごの骨が標準以下

②上のあごの骨が標準的、下のあごの骨が小さい

 

歯性上顎前突

上下の歯のバランスが悪いことが原因。骨の大きさなどはバランスが悪くないが、歯の位置関係によって上顎前突になっている。

子どもの出っ歯の治療法

それでは、実際の治療についてご説明させていただきます。

1 ヘッドギア

 

ディズニーなど海外の映画で、矯正をしている子どもが付けているのがこの装置です。
奥歯に金具を取り付けて、金具にインナーボウと呼ばれる装置を設置して、後ろをゴムなどで引っ張ります。
profile-kids007

 

効果

①上の奥歯を後ろに押す
②上の奥歯を歯ぐき方向に押す
③上のあごの骨の成長を抑える

 

適応症

①上の奥歯が前にズレている
  (歯性上顎前突)
②上のあごの骨が前に出ている
  (骨格性上顎前突)
③前歯が上下に開いている(開咬)

 

2 機能的矯正装置(バイオネーターなど)

 プラスチックと針金で作製したマウスピースを用いて、咬む力を利用して下あごの骨の成長を促進するものです。
 アクチバトール、バイオネーター、ツインブロックなど色々な種類があります。
orthodontics_plate

効果

①下のあごの骨の成長を促進する
②舌癖を抑制する

 

適応症

①上の奥歯が前にズレている
  (歯性上顎前突)
②下のあごが後ろに引けている
  (骨格性上顎前突)
③かみ合わせが深い(過蓋咬合)
④前歯が上下に開いている(開咬)

 

3 固定式機械的矯正装置(ペンデュラムなど)

口の中に付きっぱなしの装置で、上の奥歯を後ろに押します。
前述の2つの装置は患者さん自身で取り外しをする必要があり、サボってしまうと治療が進みません。付きっぱなしの装置であれば、自動的に治療が進むので確実です。
逆に欠点は、口の中の違和感がある事と、歯が磨きにくくなってしまう事です。GMDやペンデュラムなどがあります。

 

効果

・上の奥歯を後ろに押す

 

適応症

・上の奥歯が前にズレている(歯性上顎前突)

まとめ

 

子どもの出っ歯の治療は、
1)前歯・奥歯の前後的なズレの修正
2)上下のあごの骨のバランスの修正
以上の2つを優先的に進めていきます。

 

将来的に成長や歯の生え変わりがあるので、
子どものうちに完璧な歯ならびにする事は難しいです。
その分、成長する力を用いた治療を進めて、
成長後の矯正治療が不要もしくは簡単な治療で済むようにします。

医療法人KOM いわぬま矯正歯科クリニック

宮城県岩沼市たけくま1-11-1
理事長兼院長 日本矯正歯科学会認定医 小森 亮

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA