その他

新型コロナウイルスに関しての当院の対応

こんにちは。

宮城県岩沼市の

いわぬま矯正歯科クリニック院長小森です。

 

宮城県ではかなり落ち着いてきましたが(2020年4月24日現在)、首都圏を中心に新型コロナウイルスの感染が続いています。

今回は新型コロナウイルスに関して、いわぬま矯正歯科クリニックではどのように対応しているか、もしくは今後どのような対応予定かをご説明させていただきます。

通院される患者さまに関して

 

 以下の方は、PCR検査で陰性とならなければ通院をお断りします。

 

(1)2週間以内平熱より1℃以上の発熱
(2)2週間以内味覚・嗅覚異常
(3)その他感染が疑われる症状

 

 現在、新型コロナウイルスに感染された方は退院するまでに、発症から平均20日入院から平均15日かかっています。2~3週間の余裕を見て、次回の予約を検討してください。

受付・待合室での対応

 

受付と待合室では、以下のような対応をしています。

 

雑誌や小児用おもちゃの撤去

待合室やキッズスペースに設置していた雑誌や小児用おもちゃは、接触感染対策のため撤去しました。同時にキッズスペースの使用も見合わせています。
DSC_1880

休憩時間の換気

お昼の休憩時間に、待合室の窓を開けて換気しています。少々寒くなりますが、ご理解ください。
kansen_yobou5_kanki

 

付き添いの方は院外で

付き添いでお待ちの方は、現在クリニックの外でお待ち頂いています。当院へお越しの方は、ほとんどが車で通院されています。その場合は駐車場でお待ち頂いています。
徒歩などで来られている方は、患者さまと一緒に診療室に入って頂くなど、待合室であまりお待ち頂かないようにしております。
DSC_1878

 

ドアの手すりに感染対策シートを設置

 入り口や診療室のドアノブに、「接触感染対策シート(関西ペイント)」を設置しました。

 抗菌・抗ウイルスの機能がある【漆喰(消石灰)】をコーティングしているシートです。

DSC_1906 (1)

手指消毒液の設置

受付前に手指消毒液を設置しています。
消毒用エタノールに関してお知りになりたい方は、消毒用エタノールに関してのまとめをご覧になってください。

アクリルしきり板の設置

受付にアクリルのしきり板を設置しました。
こちらから患者さまに「伝染さない」事と、患者さまなど当院へお越しになる方から「伝染らない」事の両方を考えて設置しました。

DSC_1916

カウンセリングルーム(矯正相談をする部屋)もしきり板を設置しました。

IMG_20200501_194708

来院患者さまの体温測定(GW以降予定)

診療室での対応

診療室は通常からおこなっている対応をご説明いたします。

診療台を薬品で拭き上げ

診療台は患者さま毎にバイオサニタイザー(松風)で拭き上げしています。この薬品は一般的なコロナウイルスに効果があります。新型コロナウイルスではまだ調べられていませんが、効果があると考えられています。
DSC_1887

使用器具の滅菌

ピンセットやミラーなど使用する器具は、患者さま毎に包装してオートクレーブ(高圧蒸気)滅菌しています(写真は滅菌前の状態です)。

DSC_1909

 

コップやエプロンは使い捨て

コップや胸に当てるエプロンは、患者さま毎にディスポーザブル(使い捨て)の物を使用しています。

説明時もマスク着用

従来、ご説明の際にはマスクを外してお話させて頂いていましたが、現在は失礼かと思いますが、マスク着用のままご説明しています。ご理解頂ければ幸いです。
medical_ppe_man2_mask

診療の際はマスクやグローブを着用

診療する時は、マスクやグローブ、そしてゴーグル(もしくはメガネ)を着用して、お互いの感染を防いでいます。

まとめ

 

 新型コロナウイルスはまだ解明されていない事も多く、誰もが手探りで対策を考えています。当院での対応も完璧ではないのかもしれません。他の医院さまの対応を見て、良いと思われる所を真似しながら進めています。また、部材の不足で未対応の点も多くあり、お恥ずかしい限りです。
 感染症は「伝染らない、伝染さない」が原則です。
 日々改善して、安心安全な診療が出来るよう心がけていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

宮城県岩沼市たけくま1-11-1
理事長兼院長 日本矯正歯科学会認定医 小森 亮

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA