小児矯正

歯列矯正しない方が良い場合はありますか?

こんにちは。

宮城県岩沼市の

いわぬま矯正歯科クリニック院長小森です。

今回は「歯列矯正をしない方が良い」場合に関して、ご説明させていただきます。

歯ならびが悪いのに矯正するべきじゃない?

歯ならびが悪い場合、歯科医院でご相談をします。その上で、歯列矯正をしたいと考えられるかもしれません。

ですが、歯科医師から見ると歯列矯正をしない方が良いと考えられる場合があります。

それはどのような状態なのでしょうか。

子どもの矯正

 

自然に治る可能性がある

乳歯の前歯が反対咬合になっている場合など、歯の入れ替わりで自然に治る可能性があります。その事を考慮すると、自然に治るかどうかを見極めてから治療を開始しても遅すぎるわけではないので、無理に歯列矯正を始める必要は無いのではないでしょうか。

子どもの歯列矯正はいつから始めたらいいですか? 今回は、「子どもの矯正を始める時期」に関してです。 お子さんがおられる方から、「矯正っていつから始めたら良いのでしょう?」...

協力的ではない

患者さま自身が矯正治療を嫌がる事があります。

装置を装着しないだけであればまだマシなのですが、装置を壊してしまったりなくしてしまうまでになると、歯列矯正を進める事はできません。

また、歯列矯正をするのであれば、しっかり歯を磨く事も必要です。それができないとなると、治療を進める事は困難です。

虫歯が多い

少々の虫歯であれば、その都度治したり取り外しができる装置(可撤式装置)で対応するなど、歯列矯正を続けながら虫歯の治療を進める事は可能です。

しかし、残根など歯の形がなくなるくらい虫歯が多発していると、虫歯の治療が最優先事項になりますし、そもそも矯正装置を装着できない可能性があります。

大人の矯正

 

重度の歯周病

歯周病とは歯ぐきの病気で、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けて歯を支えにくくなっている状態です。

歯列矯正は歯を動かす治療です。歯が動くためには骨を溶かす細胞(破骨細胞)でスペースを作って歯を移動して、骨を作る細胞(骨芽細胞)が動いた跡を骨で埋める工程が必要です。

重度の歯周病の場合は、破骨細胞と骨芽細胞のバランスが崩れている可能性があります。そこでの歯列矯正は歯周病の進行を助長する事になるため、慎重な判断が求められます。

部分矯正(プチ矯正)

部分矯正(プチ矯正)とは一部分だけ歯を動かすものです。

部分的に歯列矯正をおこなうため、治療期間は短く、費用も安くすみます。ですがそれ以外は動かさないので、一部の歯ならびは良くなりますが全体の咬み合わせはズレて悪くなる可能性があります。

その状態で生活に支障が出たとしても、「仕方ない」で終わってしまいます。

そのリスクを踏まえて、歯科矯正治療を検討する必要があると思われます。

プチ矯正ってどうですか? 今回は、「プチ矯正」に関してです。 プチ矯正とは? 通常の上下の歯すべてに装置をつけての矯正を全顎矯...

まとめ

一般的に歯列矯正をすると、良くなる事が多いとされています。矯正歯科医もそれに向かって治療をしています。

ですが症状によっては、「治療の必要ない」状態であったり、「今より悪くなる」状態である事もあります。その際、歯科医師は治療を断ったり、代替案をご説明する可能性があります。

ところが患者さまの中には納得できない方もおられて、いくつかの歯科医院を回って相談を繰り返しているようです。

歯科医師も意地悪で治療を断っているわけではありませんし、患者さまがしたい事をすべて叶えるのが良い治療というわけでもありません。

冷静に自分にとってベストの治療とは何かを考えて、歯列矯正にのぞんで頂ければ幸いです。

医療法人KOM いわぬま矯正歯科クリニック

宮城県岩沼市たけくま1-11-1
理事長兼院長 日本矯正歯科学会認定医 小森 亮
ABOUT ME
アバター
こもりん先生
こもりん先生は、宮城県岩沼市にある医療法人KOMいわぬま矯正歯科クリニック(歯列矯正専門歯科医院)の院長です。 歯ならびや歯の矯正に関して、分かりやすくご説明していきます。 経歴 氏名:小森 亮(こもり りょう) 宮城県岩沼市出身 歯科医師、歯学博士、日本矯正歯科学会認定医 東北大学歯学部卒、東北大学大学院歯学研究科修了 医療法人KOM いわぬま矯正歯科クリニック(宮城県岩沼市たけくま1-11-1) 院長兼理事長 クリニック詳細は http://www.iwanuma-ortho.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA